クイックチャイナ カートの中身Q&Aご利用ガイドアカウントサービス
送料無料半額サービス
ホーム 中国ポップス 中国映画ドラマ 雑誌・書籍 DVDプレーヤー 購入代行・輸入代行サービス
娯楽エンタメ雑誌 健康時尚雑誌 原作小説エッセイ 語学参考書 趣味実用書
    検索ガイド  リクエスト サイトマップ
HOME雑誌・書籍中国書籍趣味・実用趣味・娯楽 >『図解 茶経』
この商品の関連商品
『図解茶経』
書籍 『図解茶経』 趣味・娯楽 価格 1,842円(税込)
『図解 本草綱目』
書籍 『図解 本草綱目』 漢方・生薬 価格 2,466円(税込)
『図解 傷寒論』
書籍 『図解 傷寒論』 中国医学 価格 2,310円(税込)
『図解 千金方』
書籍 『図解 千金方』 漢方・生薬 価格 2,310円(税込)




中国書籍 趣味・娯楽
『図解 茶経』

著者/発行 陸羽/陝西師范大学出版社
発行年月日 2012-03-01
ISSN/ISBN 9787550231313
ページ数 336頁
サイズ 17 x 24 x 2.5 cm
重量800g
商品番号 bk00821
発送状況 在庫なし
 

本商品は売切れました!

■この商品を買った人は、こんな商品も購入しています!

『想[イ尓]的距離 Distance Of Love(台湾版)』
『想[イ尓]的距離 Distance Of Love(台湾版)』 CD全1枚組 3013円(税込・送料別)
戴愛玲 ダイ・アイリン
『愛久見人心(台湾版)』
『愛久見人心(台湾版)』 CD全1枚組 本商品は売切れました!
梁靜茹 フィッシュ・リョン/リャン・ジンルウ
『希望的種子(台湾版)』
『希望的種子(台湾版)』 CD全1枚組 2857円(税込・送料別)
楊培安 ヤン・ペイアン
『抒.情 (台湾版)』
『抒.情 (台湾版)』 CD全1枚組 2076円(税込・送料別)
楊培安 ヤン・ペイアン
『楊培安 III (台湾版)』
『楊培安 III (台湾版)』 CD全1枚組 3013円(税込・送料別)
楊培安 ヤン・ペイアン

■この商品の関連おすすめ!

『図解茶経』
『図解茶経』 趣味・娯楽 1842円(税込・送料別)
陸羽 北京聯合出版公司

= 簡単紹介 =

中国唐代の陸羽により、茶に関する知識を紹介し、挿絵付きの本『図解 茶経』。

= 内容・目次 =

【目次】
一壺茗香遍天下
中国名茶鑑賞
茶之奇趣:斗茶
序言:一場怡然風雅的茶学盛宴
本書内容導航
関于歴代《茶経》版本探究
中国十大名茶
第一章 絶品人難識,茶経憶古人:[イ尓]需要了解的
 世界最早的茶学“聖経”:《茶経》
 茶之為飲的淵源:神農氏
 這部経的締造者:陸羽
 閲読本書[イ尓]可以了解:中国茶文化百科
 茶在中国:茶文化的歴史沿革
 古代茶政治:茶政与茶法
 神秘的茶葉商道:茶馬古道
 一壺茗香遍天下:茶在世界的伝播
 茶人修養的最高境界:精行倹徳
 《茶経》的儒家思想:中庸和諧
 《茶経》的道家宇宙観:清静無為
 《茶経》的佛家本心:静心自悟
 茶的五行:金、木、水、火、土
 万病之薬:二十四功効
 道由心悟:茶道
 昇華了的芸術:茶芸
 千里不同風,百里不同俗:茶俗
 各具千秋的中国茶:七大茶類
 西湖龍井、碧螺春的族群:歴史悠久的緑茶
 工夫紅茶的天下:風靡世界的紅茶
 鉄観音、凍頂烏龍的世界:天賜其福的烏龍茶
 珍貴的銀針:色白銀装的白茶
 蒙頂山上茶:疎而得之的黄茶
 普洱茶的群落:独具陳香的黒茶
 茉莉花茶与[王攵]瑰花茶的群落:茶溢花香的花茶
 能喝的古董:普洱茶
 茶作為主角(1):詩詞、書画
 茶作為主角(2):歌舞、戲曲
 茶作為主角(3):婚礼、祭祀
第二章 百草譲為霊,功先百草成:起源
 尋找最初的本源:根在中国
 綿長而有序的伝承:“茶”的字源
 [ロ/力]一個名字:歴史上的幾種解読
 五大初相:根、茎、葉、花、果
 生長的関鍵:土壌、水分、光能、地形
 準備好播種了[ロ馬]:芸、植
 無敵鑑別密技:三種鑑別法
 符合人体臓腑的需要:薬用成分
 防病効能的前提:精行倹徳之人
 警告!“茶為累,亦猶人参”:選材不当的後果,“六疾不治”
第三章 工欲善其事,必先利其器:具、造
 采摘双翼:凌露、穎抜
 従采摘到制造茶葉的工序:七経目
 七経目之一:“采”
 七経目之二:“蒸”
 七経目之三:“搗”
 七経目之四:“拍”
 七経目之五:“焙”
 七経目之六:“穿”、“封”
 唐代的餅茶審評:八個等級
 鑑別之上:言嘉及言不嘉
 経歴各代的転変:制茶工芸的発展
第四章 角開香満室,炉動緑凝铛:煮 器
 実用与芸術的完美結合:陸羽設計的煎茶器皿
 設計体現五行和諧:風炉,“体均五行去百疾”
 自命不凡的見証:“伊公羹”与“陸氏茶”
 独特的設計理念:钅復—正令、守中
 唐代餅茶的特殊用器:碾、羅、合、則
 煮茶用具影響茶湯品質:漉水嚢、緑油嚢
 陸羽的最愛:越窯青瓷杯
 歴代茶具:茶具大観
第五章 甘苦調太和,遅速量適中:烤、煮
 煮的三把利器:色、香、味
 講究的技術:烤、碾
 厳格的選択:“活火”
 決定性的因素,“選水”:山水上、江水中、井水下
 焼水的芸術:三沸
 水温的形象化比喩:老与嫩
 煮茶的芸術:煮、酌
 茶湯的精華:沫、饽、花
 斟茶的講究:茶性倹,不宜広
第六章 飲罷方知深,此乃草中英:飲 用
 飲茶的特殊意義:蕩昏寐
 飲茶最高境界:“品”
 処処的精益求精:九難
 最重香与味:珍鮮馥烈
 飲茶風尚的伝播:滂時浸俗,盛于国朝
 風尚的伝播者:佛教僧徒
第七章 何山嘗春茗,何処弄清泉:産 出
 唐代茶葉産区:八道
 八道之:山南道
 八道之:淮南道
 八道之:浙西道
 八道之:浙東道
 八道之:剣南道
 八道之:黔中道
 八道之:江南道
 八道之:嶺南道
 従唐代到現代:茶産区的分布
 従産区看茶品:四個等次
第八章 故雅去虚華,寧静隠沈毅:総 結
 特定情況下的省略:制具略
 高雅之士的飲茶風尚:煮具略
 《茶経》的終極要求:分布写之,目撃而存
総結(1):従“品”到“心悟”的三重超脱境界
総結(2):最終追求——天時,地利,人和
附録1:《茶経》原文
附録2:中国名茶図鑑